微課金ゴルフ!

笑龍~シャオロン~ってブログ(サイト)やったけど、お金使わずにプロゴルファー育成できるかどうかのブログに変更したよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

審判の話(ホールディング)

しばらくぶり!
右肩鍵盤症になったキンポーです!
会社休んでお注射お注射ぁぁぁ!

さて、こないだ週末にあったスカッシュバレーの大会で俺が主審をしよった時の話。
青年無制限の笛吹きよったがやけど、相手チームのプレーがホールディング(キャッチボール)ではないかと抗議があった。
俺が見た限りではそうは思わなかったので笛を吹かなかったが、その抗議をしてきた選手らからすると「持っている」と感じたのだろう。
抗議の仕方も特に不快感はなく、代表者がきちんと抗議してきていたので試合後もじっくり話しができた。

まず、このルールについて、高知県スカッシュバレー連盟の公式ルールでは9−(4)で、ボールを持った場合は反則と書かれている。
ただ、「ボールを持った」という基準や秒数は書かれていない。
そりゃそうだ。
スピーディーな競技の中でボールを持った秒数を決めたところで1秒を切る世界。
誰がそれを計るという話だし、「ボールを持つ」シーンも様々である。
レシーブ、サーブ、アタック、ブロック、トス…
それぞれのプレーでホールディングは起こり得る。
その多種のプレーごとに、こうなったらホールディングと基準を設けるのはルールの複雑化となるうえ、審判の技術力が相当問われることとなる。
つまり、「ボールを持ったかどうか」の判断は審判の主観になるのだ。
審判が「持った」と思えば反則となるし、「セーフ」と思ったらプレー続行となる。

この主観に人それぞれ違いが生じるのは当たり前で、場合によっては主審と副審で判断が分かれる場合もあるだろう。
もちろんそのようなことが起こらないよう、より審判全員の認識に差が出ないような審判講習会等を開く必要があるのだろうが、なかなかそこまで意識統一できていないのが今のスカッシュバレー。
だからこそ、選手も抗議することができるのだ。

ここで余談ではあるが、俺自身の考え方としては硬バレーほど厳しくホールディングは取らないことにしている。
なぜなら、スカッシュバレーは指一本でもボールを扱うことができ、通常のバレーボールではありえない体の使い方でラリーが続く。
ここがスポーツとしての魅力のひとつだと考えているのと、ボールの反発時間も考慮すると、一般のバレーボールの基準でホールディングを取ってしまうと魅力が半減してしまう。という持論だ。
なので、普通のバレーボール感覚でスカッシュバレーをする人からすれば、俺の審判は全然反則を取らないじゃないか!と思えるかもしれない。
厳しい人が審判をしていれば、俺自身がホールディングを取られることもある。
だからといってその審判が悪いとは思わない。
俺よりジャッジが厳しい審判だなと思うぐらいだ。
人それぞれの基準が違っているのが現在のスカッシュバレーなのだから受け入れるしかない。
もちろん、相手チームへの基準とこちらへの基準に明らかなズレ(要するに意図的な贔屓ジャッジ)がある場合は別の話ね。

これらの考え方も他人に強要するものではないが、色んな人が考えるひとつの参考意見となればと思って今回書いてみた。
特に見た目で誰もがはっきりと分かるネットタッチなんかと違い、ホールディングなんかの基準が曖昧な反則は考え方が色々あるき難しいね。
自分と違う主観の審判の笛にイライラして本来のプレーができない!といったことにならんよう、普段からルールについて色々考えておいてみて下さい。
なお、連盟のルールは毎回役員会して、総会時に出席者で議論・承認を受けてから変更しゆでー!
現状のルールに異議のある方は、是非総会に出てきて欲しい!議論しようでー!
スポンサーサイト
  1. 2014/11/27(木) 14:57:37|
  2. スカッシュバレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬季大会

近所のスーパーが潰れて買い物ができないキンポーです。
スーパーが潰れるってどういうことな!?
なんか最近暗いにゃあと思いよったけど、、、ワオンカードの残りどうしたらえい
がな!

さてと。
最近うちのママゴンズには新人が何人か入ってきてね。
皆すっごいやる気で「スカバが楽しくてしかたないっ!」って感じでこっちも刺激
になりゆがよ。
それもその新人らは俺の小学、中学時代の同級生や先輩や後輩、その嫁とか、とに
かく須崎者!って人間ながね。
おかげで試合に出るにも幅ができたし、こっちも新鮮な気持ちでスカバに取り組め
るがよ。
できる限り練習には帰って指導して、一緒に練習して反省して。

試合のメンバー組むがも代表のキムと頭悩ませて、どうやったらメンバーのために
なるか、チームのプラスになるかってね。
色々と忙しいけど、これが楽しくて楽しくて。
特に新人らも俺らの声に耳傾けて真剣な眼差しで強くなりたいって気持ちがあるし
、一喜一憂する姿は10年前の自分を見るようで…

そんな中、昨日は県の冬季大会があったがね。
ここでも告知したけど、今回は初心者の部、それも混合を試験的に開催したので1
00チームを超える参加があったがよ。
おかげで会場が2つに分かれてしまったけど、それでも例年冬季大会は年間の県大
会で一番参加チーム数が少なかったけど、まんまとそれが増えたきねぇ!
バタバタしても、閑散としちゅうよりはよっぽど盛り上がっちゅうき大会としては
大成功やと思う。
理事長、事務局をはじめとする役員の皆さん、さらには、各チームの皆さんの協力
には感謝の気持ちでいっぱいです。

とまぁ、杓子定規なお礼はここまでにして、こっからは俺の反省文。

ひっさしぶりに予選落ちしたがやけど、完全に俺の力不足で落ちるべくして落ちた
内容やったがね。
細かいところではアタックミス、サーブミス、午前中前半の覇気、いずれにおいて
も不完全。
周りのメンバーに気を使うことで自分のプレーがおろそかになるとは、なんとも情
けない話。
これでは指導なんて偉そうなこと言えんし、なにより昨日組んだメンバーに申し訳
なくてね。
自分の不甲斐なさに、こんなに悔しい思いをするとは思わんかった。

そこで、次から試合に出る時は、もっと内面が充実するまでの間、いくつか自分に
枷を課すことにした。
ひとつはフェイント禁止。
100%決まらんフェイントをしばらく禁止して、もっと思うようなスカバができる
まで攻撃的に打つ。

体力温存する試合は作らない。
常に決勝戦のつもりで全力スカバ。
そもそも温存する分の体力を新たにつければいい話。
どの試合もひがちでいけば他を少しでも怯ませることができるはず。

俺の理想とするスカバからは少し離れてしまう部分もあるが、今の俺の実力では理
想を実現するには程遠い。
一旦ハングリーなスカバ初心者の時代に戻ってプレーしたいと思う。
今月で俺も33歳。
まだまだ若い子らに負ける年齢ではないはずや!!

久しぶりやにゃあ、こんなに試合が待ち遠しいのは!

  1. 2013/02/04(月) 09:47:12|
  2. スカッシュバレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてのナマ放送

帰ってきて日記書くつもりが疲れて寝入ってしまったキンポーです。
窓が全開で体冷え切って起きてしもうた。
湯上りで朝の5時からつぶやき、やばい!興奮してきたっ!!

というわけで、昨日は告知通りスカッシュバレー関係で生放送出演があったわけやけど、みんな見てくれたかな?
放送後、友達から何件もメールあったけど全部返し切れてなくてすみません。
「緊張しすぎw」って意見が多かったけど、俺まったく緊張してなかったのにそう見えるがやね。
やっぱり素人が2回ぐらいリハーサルしただけじゃああなるがか。
俺も録画しちょったオンエアを見たので感想をば。

まず、俺のピンパイク遠すぎやないかや!?ってぐらい声が小さかったねぇ!
リハーサル2回したがやき、もっと音声さんとか指摘してくれちょったらよかったのに…
簡潔に解説やコメントをするがに徹したき、全然声が聞き取れんかって残念やったわ。
なんかピンマイクつけるためにはだけた胸元が貧相やったし。
やっぱりブラでもつけて、胸元から少し覗かせた方がよかったろうか?

んで時間の無さ。
トータル8分ぐらいの生放送やったわけやけど、簡単なルール説明から年配者のインタビュー、さらにはリポーターの体験などなど。
とにかく8分では短すぎる内容に終始バタバタ。
最初のリハーサルでは10分もかかってしまい、終わりの方に登場する俺の解説がどんどんカットされていくがね。
俺「おおっとこれは高度なテクニック、アウトをインにしてしまう嘘が出ました!」
実況女性「すごいプレッシャーですね。しかし、相手は髪の毛ひとつ乱さずプレーを続行しています。」
俺「はい、天然パーマですから。」
とかとか、冗談まじりの解説してやろうかと思ってたけど、とにかく時間がなくて…

今日のみどころは?
って聞かれて答えゆうちに2点が入って、あっと言う間に3点目も入って3-0で試合終了。
リハーサルでは2-1とか、もっとドタバタ試合で解説のしがいもあったのに…
演者も緊張しちゅうかしらん、よう分からん試合で終わってしもうたわ。
俺「選抜チームの圧勝ですね。」
という解説も声が小さすぎてよう分からんし。
とにかくオンエア見てみたらあっという間に終わった感じやったわ。

でもこれでテレビ出演は2回目。
前は須崎ケーブルテレビのマイ倶楽部自慢。
今回はNHKのこうち情報いちばんで生放送。
着実に難易度は上がってきているので、次あたりは全国放送でスカッシュバレーの解説をすることがあるがやないかや!?
その時には「竹島は日本の領土!」ってプラカードを掲げて頑張りたいと思う。

反省点の多い生出演やったけど、見てくれた人に感謝!
追伸:次は理事長が解説しーよ!!


クリックしてキンポーを応援!

  1. 2012/09/07(金) 05:42:14|
  2. スカッシュバレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK生出演!?

今週の木曜日、9月6日。
俺、スカッシュバレー関係でテレビに出るかも??
それも天下のNHK様!
お前ら暫時受信料払えよ!!

まぁほんまに出演するのかどうかは置いておいて、NHKの生放送でスカッシュバレーが取り上げられることは間違いないがね。
18時からの「こうち情報いちばん」って番組。
この中で約10分間生中継されるがよ。

先月からこの取材でけっこう忙しかったきねぇ。
今から当日の放送がどんなもんになるのか楽しみやわ。
生放送をいいことに放送事故でも起こして伝説となるのか、それともこれをきっかけに俺も全国区へはばたくのか。
こうご期待!!




クリックしてキンポーを応援!

  1. 2012/09/04(火) 01:08:31|
  2. スカッシュバレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SVリーグ

色々とショッキングなことなんかもあって数日サボリのキンポーです。
先週のスカバ大会SVリーグのことを書くわー

SVリーグとはスカッシュライフのゆうちゃんが主催する大会で、県内トップクラスの男女が集まってリーグ戦をするという見ごたえのある大会ね。
俺はママゴンズとしてこの大会に参加してきた。

まぁ結果を書くと散々やったわ。
0勝3敗4引き分け
とにかく俺のミスが多すぎて残念な結果になってしもうたわ…
勝ちきれんわ繋いで粘ったプレーもポイントに繋がらんわで波にも乗れず…
総合勝ち点12点で8チーム中7位でブービー。
久しぶりに悔しい結果やったねぇ。
メンバーにも申し訳なかったわ。

体力不足、筋力不足も痛感した。
車の中でも仕事場でもクーラーの中でおりすぎやね。
運動もできてないきジャンプが重いし。
下半身の筋力が低下しちょって、飛べば飛ぶほど足が取られる感じ。
情けなかったにゃあ・・・

せっかくトップレベルの人たちが集まる大会やのに、その中でのミス連発は本当に不甲斐ない。
練習ができんでも、自宅での自主練はできたはず。
筋力トレーニングだって10分程度の走り込みだってできたはず。
全ては俺の怠慢による結果だった。
気持ちを入れ替えて、せめて試合が近づいた時には自主練をせないかん!と反省したのだった。


さて、話は変わって。。。
今NHKの取材を受けよってね。
近々生放送に出演するかも!?
俺が出んでも、スカッシュバレーにスポットを当てた放送がある予定なので、詳しいことはまた書きますわ。
キンポーが生放送でチンポーを出すか!?
天下のNHKで!?
こうご期待!!

みんな今からでも遅くない!
受信料を払おう!!




クリックしてキンポーを応援!

  1. 2012/08/30(木) 20:54:11|
  2. スカッシュバレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。