微課金ゴルフ!

笑龍~シャオロン~ってブログ(サイト)やったけど、お金使わずにプロゴルファー育成できるかどうかのブログに変更したよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴルフ解説のつづき

平成29年4月24日(月)ゴルフ解説のつづき

18ホールを全て±0の「パー」で回ったら?
ショートホールは3打 × 4ホール
ミドルホールは4打 × 10ホール
ロングホールは5打 × 4ホール
合計すると18ホールで72打となる。

テレビ放送のあるようなプロのトーナメントで優勝するには、72打では多すぎる。
18ホールのうち、何ホールかで-1の「バーディー」や、-2の「イーグル」を積み重ねなければならない。
しかしプロでもミスはある。
+1の「ボギー」も出ることもある。
となれば、ボギー以上を取り返すためには、より多くのバーディー以上を取る必要がある。

こうやってスコアメイクしていき、72打未満で18ホールを回れるようになれば、実力的にはプロに近づいたと思っていいだろう。
だが、ゴルフの場合はスタートする位置に違いがある。
一般的なゴルファーは白色のマークがされた位置から1打目を打つが、プロがトーナメントで打ち始める位置はそこからずっと後方だ。
つまり、各ホールの距離が非常に長い(遠い)設定でプレーしている。

ゴルフをやってみればよく分かるが、距離が少しでも長くなればショットの難易度がグンと増す。
だけど距離を伸ばすのには技術や筋力、体幹トレーニングが必要不可欠となる。
練習そこそこの楽しんでやるゴルファーに、長い距離でゴルフをやれと言っても楽しめるはずがない。

これらを総合してゴルフの説明をするならば、ゴルフは球を遠くへ飛ばして、最終的に小さな穴にピンポイントの強さで入れる、大胆で繊細なスポーツと言える。
卓球やスカッシュバレーのように、スピーディーで一瞬の判断が必要とされるスポーツではないが、時間をかけるスポーツならではの精神力も必要となる。

まだ小学5年生になったばかりの息子が、これから鍛えなければならないものは?
体力、筋力、精神力、集中力、そしてゴルフ技術。
これらを学校の勉強とは別に養っていく必要がある。
しかも、プロになるためには生半可な練習量では足りない。
だが必要以上の練習は体を壊してしまったり、成長の妨げとなる可能性もある。

これらを踏まえて、俺はできるだけお金をかけず、本人のやる気を消すことなく挑戦していかなければならない。
う~む・・・

ロト6でも当たらんかにゃあ!!
スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 21:44:13|
  2. ゴルフ解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴルフとはどんなスポーツ?

平成29年4月24日(月)

ゴルフのルールが分からない人のために簡単な説明を。

山を切り開いて作られたゴルフ場で、14本以下のそれぞれ形状の違ったゴルフクラブで小さなボールを打つ。
グリーンと呼ばれる、周りよりとても短く刈り込まれた芝の所に小さな穴があり、そこに入れたらゴールとなる。
穴は1ホールに1個あり、全部で18ホールを回って合計の打数を競うスポーツ。
つまり、その合計打数が少なければ少ないほど順位が上がるのだ。

更に言うと、18ホールのうち4ホールは距離の長いロングホールとなり、逆に距離の短いショートホールも4ホールある。
残り10ホールは中間距離なのでミドルホールと呼ばれ、一番多いのがミドルホールとなる。

自分が打った打数を1番ホールから足していくだけだが、それぞれのホールには規定打数が存在する。
ショートホールは3打(3回)で穴に入れることで規定打数達成となり、スコア的には±0という考え方になる。
ミドルホールは4打(4回)、ロングホールは5打(5回)。
±0であれば「パー」と呼び、-1であれば「バーディー」、-2は「イーグル」。
逆に+1であれば「ボギー」、+2で「ダブルボギー」、+3は「トリプルボギー」、それ以上の呼び名は特にないと思う。

-2でもショートホールの場合は1打で入れることになるので、「ホールインワン」と呼ばれ、ゴルフをやらない人も一度は耳にしたことがあるだろう。
また、ロングホールにおいて2打(-3)で入れることはホールインワンより難しいとされ、「ダブルイーグル」や「アルバトロス」と呼ばれる。
下手な人がホールインワンをしたということはよく聞くが、アルバトロスは上手じゃないとまず不可能だし、プロでも狙ってできるものではない。
一生に一度でも達成できるかどうか分からないレベルの偉業である。

ということで、ゴルフのスコアを計算する上で基本になるのが、±0の「パー」となるが、毎ホール「パー」で回ることがとても難しい。
プロゴルファーでも毎ホール「パー」以上で回るためには、その日の調子や相当の練習の積み重ねが必要となる。
楽しんで遊びでやるゴルファーの場合、この規定打数の「パー」で穴に入れることができれば大喜びするという認識でいいぐらいだ。
ナイスパー!である。


長くなったのでゴルフ解説はまた次の記事に書くね。
  1. 2017/04/24(月) 21:42:59|
  2. ゴルフ解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。