微課金ゴルフ!

笑龍~シャオロン~ってブログ(サイト)やったけど、お金使わずにプロゴルファー育成できるかどうかのブログに変更したよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レスポール

俺が高校の時に友達から買ったレスポール。
学生時代から社会人になってもアコースティックギターと、アンプに繋いだレスポールを弾いていた。
ところが結婚してからはギターもほとんど触らなくなり、高知に戻ってきてからは実家の倉庫で眠っていた。

先週の哲也との会話。

哲也「キンポーのギターを修理に出しちゅうぞ。」
俺「ん?あのフォーク(ギター)壊れたが?」

このフォークギターとは、俺が中学1年の時にギター(バンド)に憧れて、昔ギターをやっていた哲也にお年玉を渡して買ってきてもらったもの。
布袋のようなかっこいいエレキギターを想像していたら、おとうが買ってきたのは真っ赤なフォークギター。
ギターと言えばこれよ!ばりの勢いで俺の金で買ったギターを弾き始めた哲也を見て、あぁ、俺は任せてはいけない人に任せてはいけない仕事をさせてしまったのか…
と、社会で必要な人事管理能力を学習することとなったのだった。
今ではそのギターは哲也がひせりながら弾き語りしているのだ。

哲也「違う。あれは壊れてない。あのエレキよ。」
俺「・・・エレキ?あぁ、レスポールか!?そんなもんもあったにゃあ!」
哲也「直すに1万5千円もした!」
俺「まぁ好きにしーや。」
おかぁ「そんなもんより三線(さんしん)をまじめにやりや!」
哲也「あれもやりよらぁよ。」
女房「お義父さん、ほんま何でもやるねぇ(ボソッ」

コード進行しかできないおとうがレスポールを弾いてみるそうです。
以前に「50にして弾けたぞ!」と言いながら同級生と組んだバンド、『ホウセンカ』はどうなったのだろう?
太鼓にラッパにギターで、どう見てもチンドン屋だったが…

来年還暦を迎えるというのに、その好奇心は未だ衰えることがなさそうだ。
ホント家族は迷惑千万!!



クリックしてキンポーを応援!

スポンサーサイト
  1. 2012/08/15(水) 21:49:11|
  2. 哲也
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。